2021.12.24

意外と知らない?!気になるあの事業所の働き方について
【第二回 介護老人保健施設】

当社HPをご覧いただきありがとうございます。

こちらのブログでは、日々登録会の情報や、当社からのお知らせ、
担当者によるコラムを配信させていただきます。


今回は、「聞いたことあるけどどんな施設なんだろう」と疑問に思う施設の内容についてお話させていただきます。



第二回目は「介護老人保健施設」です。


【介護老人保健施設とは】

医学的な管理の元、要介護高齢者にリハビリ(機能訓練)や介護・医療を提供する施設です
省略して、老健(ろうけん)ともいわれています。

退院後直ちに自宅での生活を営むのが難しい場合などに、高齢者の心身機能の維持回復を図り、在宅復復帰・在宅支援を目指すための「中間施設」と位置づけられています。したがって「住まい」としての長期間の利用は原則としてできません。



【どんな風に働くのか】
老健で働く介護職は、食事・入浴・排泄・歩行を補助する身体介護や通院同行、緊急対応などの業務を行います。仕事内容が幅広いため、入居者数が多い施設ではスムーズな対応を求められるでしょう。また、医師やリハビリの専門職と連携を図り、サポートしていくことも介護職に求められる仕事の一つです。なお介護職は基本的に夜勤があるため、交代制の勤務に対応していく必要があります。

医療的な視点からケアに携わりたい方や、リハビリテーションに取り組んでいきたい方にとっては長期的に活躍できる施設となっております。


就職・派遣のお仕事ならコーディアリティケアまで!

お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせはこちら!
0120‐922‐557(フリーダイヤル)